ミッション分析

「結局どのミッションがお得なの?」「どのミッションにはどんな利益があるの?」などと思われるかもしれません。
ここではそういったデータを分析しています。



ミッション分析の見方

表の見方は次の通りです。ここではキャットを例にとります。

<キャット>

・レジェンドキャット
タイトル 必要戦利品 元手 経験効率 収入効率 戦利品 備考
窃盗団の逃走車両を盗め   120 1.50 8.00~10.50 スタンガン
(武/78/62)
※1
密輸動物の売買ルートを暴け スタンガン 200 1.00 6.44~8.11 麻酔銃
(武/81/63)
 
詐欺会社から現金を奪え   840 1.33
(P,N-1.5)
1.33~4.67
(P,N-2.42~0.17)
   
違法献金を集める政治家を暴け   1640 1.20 -1.93~-0.13 回復キット  
違法ドラッグの保管倉庫侵入   900 1.17 4.33~5.83 回復キット  
※1:収入・経験ともに多く、スタンガンで強化でき、しかも序盤からあるという超お薦めミッションです。

  1. 必要戦利品:そのミッションをするために必要とされる戦利品です。購入アイテムと同様、一つ必要なミッションなら30回、二つ必要なミッションなら15回、という風に壊れます。
  2. 元手:ミッションを始めるために必要なアイテムを買いそろえるための金額です。
  3. 経験効率:手下一人当たりいくらの経験を稼げるかです。割り切れないものは四捨五入して小数第2位まで書いてあります。
  4. 収入効率:手下一人当たりいくらの収入が得られるかです。
    1. 計算式:{(収入×一番多く使うアイテムの耐久値×一番多く使うアイテムの必要個数)-元手}÷(必要手下数×一番多く使うアイテムの耐久値×一番多く使うアイテムの必要個数) 四捨五入して小数第2位まで書いてあります。
    2. 耐久値:必須アイテムが壊れるまでの回数。同じアイテムの必要個数が増えるほど、そのアイテムは壊れやすくなります。
      1個必要:30回、2個必要:15回、3個必要:10回、4個必要:8回と7回が交互、5個必要:6回です。
      通常は30回を基準にしていますが、必要個数が4つあるミッションが登場しました。30は4で割り切れないため、柔軟に対応できるように、計算式を全て変数化しました。
  5. 戦利品:ミッションによって得られる戦利品で、武器・防具・乗り物・回復キットがあります。なお、装備品の()内はそれぞれ、種別・攻撃力・防御力です。お宝は派によって変わってきますので、載せていません。
  6. (背景色):背景の色が青いものは見習い(ビギナー)からあるミッション緑のものは無印またはミドラーで出現するミッション赤い物はマスターで出現するミッションです。

また同じミッションでも、位階が上がることによって必要な手下が増える事があります。→「募集情報!」の5番を参照の事。
()内にはそのように必要手下数が変わるミッションにおける、各位階の効率などを書いています。
略号の意味 →称号
P:見習い(probation) b:ビギナー(beginner)
N:無印(no mark)   m:ミドラー(middler)
M:マスター(master)  A:全てのミッションで確認された(all)
L:レジェンド(legend)

なお、それでもわからないことがある場合にはこちらの掲示板で質問するようにしてください。

  • 最終更新:2012-07-01 11:55:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード